あこがれの目になれる

カウンセリング

目元美人になる方法

二重整形には大きく分けて2つの種類があります。簡単に言うと、まぶたを切る方法と切らない方法の2つで、切るほうが切開法、切らないほうが埋没法です。切開法は上まぶたを切開し、ラインをつくる方法で、きれいなパッチリした二重を作ることができます。埋没法は糸だけでまぶたの皮膚をひっぱりあげる方法で、目を開ける時にラインを造る方法です。埋没法のほうがメスを使わず手軽で、糸を外せば元の状態に戻せることからプチ整形などとも呼ばれています。費用もリーズナブルですし、美容整形デビューの人でもハードルが低めなのが魅力でしょう。丈夫で細い医療用の糸をまぶたに埋め込んで人工的に二重まぶたを作る方法で、比較的腫れが少なく、ダウンタイムもほとんどありません。周りにバレにくいのも魅力で、まぶたにたるみがあってもラインを作ることが可能です。切開法はメスを使う手術を必要としますが、もともと二重なのだけれどラインの位置やデザインを変更したいという場合などは、こちらのほうが適しています。費用は若干かかりますが、よりクッキリとした二重に整形できますし、半永久的にラインが保持できるのでそこが魅力です。埋没法は、何より施術の拘束時間が短く、腫れにくいのが大きな特徴です。メスを使わずに糸で留めるだけなのでダウンタイムもほとんどなく、痛みや腫れも比較的少ないのが魅力です。また整形費用もリーズナブルで、大手でも10万円を切るクリニックも増えています。まぶたの厚いと綺麗なラインが作れない場合もあり、せっかく施術をしても糸がすぐに取れてしまうこともあるため、事前のカウンセリングでしっかり確認しましょう。部分麻酔をして施術をしますが、切らないので抜糸の必要もなく、仕事で忙しい人も手軽に二重を作ることができるため人気の高い方法です。一方、まぶたの脂肪が多い人や、まぶたが腫れぼったい人は、切開法が適しています。まぶたの皮膚が厚いと埋没法を行ってもくっきりしたラインを作ることは難しいのが一般的です。また、埋没法ではあまり広い幅でラインを作ることはできませんが、欧米人のようなクッキリした二重を作れるのも切開法の特徴です。ダウンタイムは埋没法より長くなり、整形費用も高くなりますが、半永久的に美しいラインが作れますので希望に合わせて選ぶと良いでしょう。