ぱっちりした目

女性

意外と多い

くっきりとした二重まぶたは美しく魅力的に見えます。しかし整形手術を受けるには抵抗がある方もいます。ただ今の時代は意外と二重まぶたの整形手術を受けている方は多いのです。それは整形というものに対する意識の変化があります。そして二重まぶたの施術を受けるにはどのような方法があるのか、前もって知っておくことが大事です。まず痛いのが苦手な方にはメスを使わないで済む埋没法という施術があります。埋没法は特殊な糸を使って二重ラインを作る方法で切らずに済むので、メスを入れたくない方におすすめです。術後の腫れも少なく短時間で終わるのが特徴です。ただしまぶたが厚めの方には、向いていないデメリットがあります。もう一つの方法は切開法といい、メスを入れて行う施術です。時間がかかりますが、元に戻りにくいメリットがあります。しかし術後はやや腫れがあり費用も埋没法より高くなります。またまぶたが厚くても施術することができます。どちらの方法を選ぶかは体質や費用を考慮して、医師と相談して決めることです。二重まぶたの整形手術を受けるときに心配なのが痛みのことです。糸を使う埋没法はそれほど痛くないですが、敏感な方は気になることがあります。また切開法は実際にメスを入れるので、不安を感じる方もいます。しかし二重まぶたの整形手術はどちらの方法も麻酔を使用するので、手術中に痛さを感じることはあまりないのです。部分的な麻酔を行う場合が多いのですが、身体全体の麻酔も可能なので相談してみてください。そして術後に麻酔からさめたら痛さが出てくることがありますが、痛み止めを処方されるので大丈夫です。また手術跡を冷やして痛みを軽くすることができます。それに痛みが出ても長期間続くことはなく、3日もすれば治まっていくので心配ないです。それから費用についてはクリニックによってまちまちです。埋没法の費用は1万円前後から10万円を超えるところもあります。切開法については費用は高めで安くても10万円前後からで、概ね20万円を超えるようです。そして一概に費用だけで決めるのではなく、ホームページを見たり口コミなどを参考に決めることです。